違法な闇パチスロ特有のルールについて

###Site Name###

闇パチスロは、違法な存在です。


営業許可を得ずに、主に繁華街の雑居ビルやマンションの一室で営業しています。
主な経営主体は、暴力団などの反社会的勢力です。
ただし、これらの主体は店長となる人を別に雇って営業しており、摘発されても足が付かないようにしています。
そのため、なかなか実態がつかめないのが現状です。


闇パチスロは、通常のパチスロ店のホールと似たルールで営業しています。



スロットで遊んで出玉を出したら、その出玉に応じてお金と交換してくれます。ただし、一枚当たりの交換率が高い所が多いです。

例えば、一枚20円が通常の所、一枚100円や200円で交換します。
もちろん、最初にメダルを借りる時も交換の時と同じ値段で貸しているので、たくさん出した時の価値額は大きいですが、その分負けた時の金額も大きくなるのが特徴です。



つまり、ハイリスクハイリターンであるという訳です。
闇パチスロに客が付くには理由があります。

それは、かつて設置が許されていたけれど、今では設置できない機種が設置されているためです。

現在のルールでは設置できない理由は、ギャンブル性が高く、射幸心が高いからです。



実際、人々がその様な機種に熱中する結果、借金問題や自殺問題が数多く生じていました。


その様な性質がある機種ですから中毒性も高く、かつてのギャンブル性の高い機種が忘れられない人が、客として通います。

以上のような特徴を持つ闇スロですから、絶対に手を出してはいけません。

法律のルールに従って、適法なパチスロ機で遊ぶようにしましょう。